2015年8月21日金曜日

【空井式】学習意欲の向上①_可視化【受験対策】

お久し振りです!
色々ありまして更新が大幅に遅れました(;´Д`)

実はまだ自宅のネット・PC環境は全く整っておらず、動画作成が進んでおりません・・・。
(予想以上に引っ越しからの部活合宿やら試合やらで身動きが取れません)

少しだけでも更新を、と思い夏休みも終わりなのに学習意欲の向上についてお話ししようと思います。

あ、ちなみに私は絶賛仕事したくない病です(ぇ



■学習意欲の向上はあらゆることの可視化にあり!

これまでも話をしてきた「具体化」と同様のことなのですが、それを「学習意欲」というものに当てはめると、言葉じりがよろしくないので「可視化」と言っているだけです。

例えば・・・


1)学習時間を具体的に求める

これも学習意欲の向上につながるわけです。
大意は、学生が身動きの取れる範囲を明確にして、最大限の学習をこなすため、なのですが、これを応用して(応用というほどのものでもない)、表に記録していくと・・・

<夏休みを40日と設定して600時間の学習時間を記録する表>








使用方法
・「1日10時間」を最低限の学習時間と設定する。
・「10時間」を超える場合は次の日の学習時間を塗りつぶしていく。=借金・貯蓄制
・「400時間」がノルマ。=GMARCH合格者の平均学習時間
・「400時間」を超えたら上段を横へ塗りつぶしていく。

<塗りつぶし例>


(1日ごと塗る色を変えると、学習時間が明確に分かってよい。)
これを夏休み続けると(もちろんこの先でもOK)どれだけ学習したかが分かり、自信につながる!


Σヽ(`д´;)ノ <うおおおお!もう350時間も勉強したぜぇぇぇ!!頑張るぜぇぇ! とか自信になるね!


このように、「具体化」は「可視化」であり、「可視化」はモチベーションのアップにつながるのだ!
他にも生徒に勧める学習意欲向上法は・・・・


2)使用したボールペンは捨てずにペン立てにさしておく!

暗記する際には、青色のペンが有効だといわれています。
ひたすら書くのに青色のペンを使い、インクが切れたら捨てずにペン立てに立てておくと・・・

どれだけ勉強したかが分かり自信になるね!


3)メモ紙やら暗記に使用した紙はすべて取っておく!

2)同様に机の片隅にでもファイリングして置いておくと良い!
紙は一枚では何も感じなくとも、重ねて厚みが出て来ると暗記に費やした時間が「可視化」され自信になるね!



夏休み以降も使えますので、ぜひ実践してみてくださいね(`・ω・´)b



0 件のコメント:

コメントを投稿